【高畠導宏…岐路に立った時に触れてみたい、ある転職物語】

高畠導宏(たかばたけ・みちひろ)という名前を、お聞きになった事は、有るでしょうか?
高畠導宏氏は、プロ野球の南海ホークスで活躍した後、現役引退し、
引退した後は、打撃コーチとして、複数球団を歴任し、数々の名選手を育てました。
そして、打撃コーチとして、功成り名を遂げた後、
何と、59歳にして、高校教師へと「転職」を果たし、第二の人生へと向かったのです。
しかし、高畠氏は、高校教師になった、僅か1年後に、志半ばにして、癌により亡くなりました。
その、高畠氏の壮烈な生涯は、ある1冊の本により、
広く世に知られる事となりました。
それが、『甲子園への遺言』(門田隆将・著)という本なのですが、
ノンフィクション作家・門田隆将により、高畠氏の生涯が、見事に描き出された、傑作です。
高畠氏は、打撃コーチとしては、
「選手の長所を目指す」、「選手を褒めて伸ばす」事を信条とし、
その指導により、沢山の名選手を育て上げました。
高畠氏の打撃指導は、その温かい人柄も相俟って、選手達にも、とても評判が良く、
高畠氏を慕う選手は、後を断ちませんでした。
そんな高畠氏が、50代半ばにして、一念発起し、
今度は、高校野球の指導者になろうと決意します。
そして、数々の苦難を乗り越え、遂に、念願の高校教師の資格を取る事に成功し、
59歳にして、高校教師として、教壇に立つ事となりました。
そんな高畠氏の生き方、どんな時にも前向きで、決して諦めない姿勢、
プロ野球のコーチから、高校教師への転職を果たすという物語は、
私も、その本を読んで、とても感銘を受けました。
残念ながら、高畠氏は、道半ばにして、
病に倒れてしまいましたが、その生き様やスピリットは、今も、多くの人達を、惹き付けて止みません。
今、転職などの、人生の岐路に立っているという方は、
『甲子園への遺言』を読んで、高畠導宏という人物の生き方に触れてみて下さい。
そうすれば、きっと、沢山のパワーを貰える事でしょう。
私も、高畠氏のように、前向きに生きて行こうというメッセージを、その本を通して受けた人間の一人として、是非とも、お勧め致します。

プロクリアワンデー マルチフォーカル がどこよりもお得に買えるサイトあります!!

サイトはこちらをクリック>>> プロクリアワンデー マルチフォーカル 通販の価格、激安、最安値段サイト集
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

【プロクリアワンデー マルチフォーカルについて】
プロクリアワンデー マルチフォーカルは
アメリカのコンタクトレンズ・メーカーである、クーパービジョンにより開発された、
遠近両用の、ソフトコンタクトレンズです。
プロクリアワンデー マルチフォーカルは、
技術的にも困難と思われていた、遠近両用のコンタクトレンズ、という物を実現させたという意味で、大変、画期的な製品でしたが、
それまで、遠近両用のメガネは存在していても、
遠近両用のコンタクトレンズという物は、なかなか無かったので、
プロクリアワンデー マルチフォーカルが世に出た時は、とても大評判になったのだとか。
コンタクトレンズでありながらも、
遠近両用であるというのは、とても便利であり、
特に、高齢者の方にとっては、とても有り難い製品となりましたが、
それも、クーパービジョンという会社だからこそ、実現出来たと言って良いかもしれません。
冒頭で、クーパービジョンというのは、
コンタクトレンズ・メーカーと書きましたが、
クーパービジョンという会社は、
アメリカのカリフォルニア州に本拠を構え、
世界22ヶ国、33都市に拠点を持っている、
言わば、多国籍企業です。
そして、コンタクトレンズのみならず、
様々な医療機器や、ヘルスケア製品を扱う、
総合医療企業という顔も持っています。
プロクリアワンデー マルチフォーカルは、
そんなクーパービジョンの技術の粋を集めた、
本当に素晴らしいコンタクトレンズです。
ちなみに、プロクリアワンデー マルチフォーカルには、
「全ての視界が手に入る」という事を意味する、
『オールビュー・コンタクト』なる名称が付いているのだとか。
何だか、とてもカッコいい響きの名前ですが、
それだけ、クーパービジョンは、
このプロクリアワンデー マルチフォーカルという製品に、自信を持っているという事を伺わせます。
そして、プロクリアワンデー マルチフォーカルは、クーパービジョンのコンタクトレンズに共通している、「瞳にやさしい」という特性も、勿論、兼ね備えています。
という事で、特に高齢者の方にお勧めのこの製品、
気になった方は、是非とも、ご自分の目で、確かめてみて下さい。

【人生の選択としての転職…会社に殺される前に、転職を】

先日、思わず背筋も凍るような、
世にも恐ろしいニュースを知りました。
それは、ある会社員の方が、
1年間、365日、1日の休みも無く、働かされ続け、
更に、残業も1ヶ月間最大で250時間以上という、常軌を逸した残業地獄を強いられていた、というものでした。
つまり、残業だけで1日8時間以上、働かされるという事であり、
1日の労働時間は16時間以上、という事になりますが、
これでは、家に帰る暇も無いでしょう。
実際、この会社員の方は、
何日も家に帰れず、会社のソファーで寝た後、また仕事をする、というような日々を送っていたそうです。
そして、驚くべき事に、
この会社は、この会社員に対し、残業代も一切支払っていなかった、というのです
この会社員の方は、とうとう、うつ病になってしまい、
会社に対して、裁判を起こしているそうですが、
私は、このニュースを知った時、
「こんな異常な事がまかり通るのか」
と、非常に驚いたのと同時に、
この、殺人的な労働を強いた会社に対して、
強い怒りを覚えました。
どんな理由が有ろうと、こんな事が、許されて良い筈はありません。
そして、(ここまで酷くないにしても)もし、こんな状況に追い込まれている会社員の方が居たら、
その時こそ、迷わず、転職をすべきだと、私は思います。
たった一度の人生、
会社に殺されて終わるような、そんな悲惨な末路を辿って良い筈はありません。
もし、今居る環境に未来は無い、
酷くすると、自分が壊れてしまう、という職場に居るという人は、
自分を守るためにも、そして、未来を切り開くためにも、
転職して、新たな道を行く事を、強くお勧め致します。
真面目な人ほど、非人間的な環境にも、ひたすら堪え忍んでしまい、ますます状況が悪化する、という傾向が有るように思われますが、
そんな真面目な人が、良いようにこき遣われるような事がまかり通るような道理が有る筈はないではありませんか。
転職にも色々有りますが、
環境を変えるというのも、転職の理由として有って良いと、私は思います。

【日米の転職に対する考え方の違いについて】

転職というと、

日本では、どうしてもネガティブな印象を持たれてしまいがちなのではないでしょうか。

今では、だいぶ崩れて来たとはいえ、
日本では、終身雇用という働き方がスタンダードとされた時代が長く続いたためか、

転職をする人というのは、
ともすれば、少数派や変わり者、という見方をされる傾向が、まだまだ根強いと思われます。

しかし、長引く不況と、社会状況の激変により、今や、転職をする人というのは、珍しくも何ともなくなりました。

ましてや、今の自民党政権は、
派遣労働法を改正した事などにも見られる通り、
労働市場の流動化を推し進めようとしているように見受けられますので、

これから、転職というのは、ますます常態化して行くのではないかと思われます。

先程、私は、「日本は終身雇用の時代が長く続いた」という事を述べましたが、
その終身雇用制度が崩れつつあるのに、

我々の意識が、まだまだ終身雇用の時代を引きずったままでいるようでは、
時代の流れに付いて行けなくなるのではないかとさえ、私は思ってしまいます。

翻って、契約社会であるアメリカでは、労働とは、あくまでも生きるための手段であり、
雇う側と雇われる側の合意に基づいて、契約によって働く、という考え方が主流のようですが、

そのように、労働という事に対して、
割り切って合理的に考える、という傾向は、
好むと好まざるとに関わらず、
これからの日本では、ますます強まって行くのではないでしょうか。

だとすれば、我々としては、
そのような時代に対処して行けるよう、
準備を整えておく事が、とても大切になって来ます。

アメリカの考え方こそが素晴らしい、というつもりもありませんが、
これからの時代の流れを予測して、それに備えておく事は、とても重要だと、私は思います。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの最安値がわかるサイトです!!

最安値サイトはこちらをクリック>>>>> シャトー・ラフィット・ロートシルト 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

歴史とともに、シャトー・ラフィット・ロートシルト
長く愛されているシャトー・ラフィット・ロートシルト。その過去を知った時、私は、このワインは歴史とともに生きている、と思いました。学生時代に教科書で読ん だあのそっけない史実の中に、こんな素晴らしいワインの存在が隠れていたわけです。
それと同時に、この『王のワイン』を愛さずにはいられなかった過去の人民に思いをはせました。シャトー・ラフィット・ロートシルトは美味なだけではなく、滋養強壮にも役に立つと思われていたようです。当時は現代のようには、成分を調べたり研究をしたりすることもできなかっただろうに、と考えると、このワインがいかに重要で価値の高いものとされていたのか、わかるような気がします。
なにせこのシャトー・ラフィット・ロートシルトは、18世紀から最高級の美酒として扱われていたのです。当時の家具などがアンティークと呼ばれていることからもわかるように、けして短い期間でありません。それが現 代もなお、最上のランクをもって存在しているというのは、本当に素晴らしいことですよね。それを守り継いできた人々の真摯と情熱、そしてそれを変わらず慈しんでいるフランス……いえ、世界の愛好家の方々には、頭が下がる思いです。
シャトー・ラフィット・ロートシルトは今後もずっと、最高の地位を維持していくのでしょう。現代のように機械化や合理化が進んでも、人の手をかけ育てられてきた伝統です。そう簡単に途絶えさせてしまうはずがありませんから。