【勤務医の年収について】

ナチュレールのカラコンって人気ですか?>>>ボシュロム ナチュレール 値段比較サイトを見る
眼科医が教えるコンタクトレンズ選びと通販!

 

 

一般の社会人に比べて、勤務医の年収は高いと言われていますが、では、勤務医の年収というのは、一体、どのぐらいなのでしょうか?

一口に、勤務医の年収と言っても、例えば、どの診療科なのかという事や、勤務地などによって、年収は異なって来ると思われますので、
一概には言えない面は有ると思われますが、ここでは、2015(平成27)年の、厚生労働省の調査に基づいて、
勤務医の年収が、平均ではどれぐらいなのか、簡単に述べたいと思います。

まず、勤務医の年収は、約1,098万円とされ、40代前半の社会人の平均年収が約459万円、40代後半の社会人の平均年収が約491万円というのと比較すると、
やはり、勤務医の年収は、非常に高いと言って良いでしょう。

また、勤務医の年収は、年齢によっても異なり、20代前半では、平均年収は約463万円、20代後半では、平均年収は約700万円とされ、
また、30代前半の平均年収は、約800万円~約900万円、30代後半の平均年収は、約1,000万円という事で、
30代後半になると、ようやく年収が1,000万円に達する、というのが、一般的な年収パターンのようです。

このように、厚生労働省の調査に基づき、勤務医の年収について、述べて来ましたが、
これらは、あくまでも平均値なので、必ずしも実情を反映してはいないかもしれませんが、
それでも、今現在の自分の年収と比較して、自分の市場価値はどれぐらいなのか、という事の目安にはなると思われますし、
電話を考えている医師の方には、一つの参考資料にして頂ければと思います。